タイマー表記

タイマー表記画像

ゲーム制作をしていると、時々カウントダウンやタイマー表記をしなくてはならない場合があります。
そんな時に活用できるコードをここに記しておきたいと思います!
是非使ってみてください。

【目次】
タイマー表記
カウントダウンタイマー表記

タイマー表記

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class Timer : MonoBehaviour
{
    public float totalTime = 1.0f; // タイマーの総時間(分単位)
    private float currentTime; // 現在の経過時間
    private bool isCounting = false; // タイマーが実行中かどうかを示すフラグ

    public Text timerText; // タイマーを表示するUIテキスト

    private void Start()
    {
        // 初期化
        currentTime = 0; // タイマーは0から始まります
        UpdateUI();
    }

    private void Update()
    {
        if (isCounting)
        {
            // タイマーが実行中なら時間を増加させる
            currentTime += Time.deltaTime;

            // 指定した時間を超えたらタイマー終了
            if (currentTime >= totalTime * 60.0f) // totalTimeを分単位から秒単位に変換
            {
                currentTime = totalTime * 60.0f;
                Finish();
            }

            UpdateUI();
        }
    }

    private void UpdateUI()
    {
        // UIテキストに経過時間を表示
        int minutes = Mathf.FloorToInt(currentTime / 60);
        int seconds = Mathf.FloorToInt(currentTime % 60);
        timerText.text = string.Format("{0:00}:{1:00}", minutes, seconds);
    }

    public void StartTimer()
    {
        // タイマーを開始
        isCounting = true;
    }

    public void StopTimer()
    {
        // タイマーを停止
        isCounting = false;
    }

    private void Finish()
    {
        // タイマー終了時に実行する処理をここに追加
        Debug.Log("タイマー終了");
    }
}

このスクリプトでは、スライダーの値をUpdateUIメソッド内で時間の経過に合わせて更新し、テキストとスライダーが連動してカウントダウンを視覚的に示します。
この書き方では、指定した時間になるとタイマーがストップするようになっています。

次のページはカウントダウン表記についてです。
カウントダウンタイマー表記




ページ: 1 2